2016年2月17日水曜日

ミャンマー

MBAの同級生が2年目の冬休みをどのように過ごしたのか、備忘のため残したいと思います。

今年の冬休みを東南アジアで過ごす同級生が非常に多かったです。パターンとして多かったのは、1ヶ月間まるまる東南アジアで過ごすパターン、DBi SingaporeHong KongSydneyに年始から2週間参加し(3単位扱い)、さらに2週間東南アジアで過ごすパターンが多かったです。東南アジアでの過ごし方は大きく分けると、プーケットなどのビーチリゾートを楽しむパターン、カンボジアやベトナムなどで遺跡など観光を楽しむパターン、バンコク、シンガポールなどでシティーライフを楽しむパターンが多かったです。

昨年の冬休みも同じ傾向でしたので、MBA2年目の冬休みを東南アジアに過ごすのはこちらのMBAの学生にとって一種の定番なのかもしれません。たしかにNYからタイ、シンガポールまで20時間は掛かるため、一度仕事を再開しますとなかなか行きにくいですし、卒業する前にやっておいて損することはなさそうです。

同級生の旅行先をSNSで追うなかで「おっ」と思ったのは、旅行先にミャンマーを選んだ同級生がざっくり10人以上もいたことでした。同級生の一人の家族がミャンマー出身で、彼女が里帰りした際に友達グループを招待したことがこの数字にかなり寄与しておりますが、一方でそのような繋がりなしで旅行した友達グループもおりましたため、ミャンマーに旅行することへの心理的ハードルが以前より下がっていることは間違いなさそうです。民主化に移行してから数年、アメリカ内でもミャンマーという国へのネガティブイメージは薄れつつあるようです。

僕がミャンマーに旅行したのは2009年、まだ軍事政権が健在の時期でしたので、旅行したことを凄く珍しがられたのを今でも覚えております。当時ミャンマーは相当な旅好き、もしくはインフラ系のビジネスに関わりのある人しか行かないような場所でした。実際に旅行してみますと、黄金のパゴタのあるヤンゴン、何千もの仏塔が平原にそびえる世界三大仏教遺跡の一つであるバガンなど、見ごたえのある観光資源に恵まれていることがわかりますが、なにせ当時は今以上に情報もない時代、旅行の候補先としてなかなか上がらない国でした。それが今ではマイナーな存在ながら旅先の候補として出るようになりました。東京から直行便が運航されるようになりましたし、時代の流れを感じます。今後ミャンマーがより身近な存在になっていくのか見守りたいと思います。

ちなみにバガンで気球に乗ってみた朝焼けは今でも最も感動した絶景の一つです。おすすめです。

写真はヤンゴンにある仏教の聖地です。