2014年8月31日日曜日

飲み会事情

米国での飲み会は少々事情が異なります。ここまで感じた米国の飲み会事情を整理してみます。

まず、立食式で飲む際、米国ではよりメンバーが頻繁に入れ替わります。各々、自分がそのときに話したいと思うメンバーのところで移動する感じです。最初は面食らいましたが、ある程度回数をこなせばコツはつかめます。広く色々な人に積極的に話しかけてみるスタンスでいっております。

次に、飲み会のタイプや参加メンバーによりけりですが、クラスメートなど仲のいいメンバーとイベントに繰り出すときは長期戦になることが多いです。同じ場所に6時間以上いたことも既にあります。

(これも場所によりけりですが)バーで飲む場合、大音量で音楽を流す場所、もしくは単純に騒がしい場所であることが多く、最初の頃は飲み会の後半に声が枯れることが多かったです。ある程度は慣れますが、大音量にクラクラしてお店の外に一時避難することが未だにあります。ちなみにハッピーアワーのイベントなど、バーで飲むときは食事がないことが多いので、事前にお腹を満たしてから参戦することが多いです。

こちらでは端的に話すことがより大事な印象も受けます。特に立食式の場合、短い時間でうまくつかみを取れなかったとき、違うグループに話し相手が移ることが結構ありました。MBAのオリエンテーション期間中など初対面の方とお話することが多い場合、自己紹介を長くても30秒以内に完結させることを意識しています。

その一方、コミュニケーションの基本はこちらでも同じ印象です。相槌、笑顔、話をよく聞くことなど、基本を徹底することを意識しています。

飲み会の幹事業もこちらでは少し事情が異なる印象です。この2ヶ月、複数のイベントを企画して感じたことを整理してみます。

・時間通りにメンバーが集まるのを期待してはいけません(時間厳守なのは日本だけなのかもしれません)。時間設定に余裕を持ちましょう。

・来ると言ったメンバーが来ないことがあります。逆にいないはずのメンバーが来ることもあります(笑)。人数はぶれやすいです。

・一方で、日本の様に1から10まで幹事が仕切る必要はなさそうです。特にハッピーアワーの場合は、1次会、2次会のバーだけ確保して、全体に呼びかければ済む点は助かります。

・日本料理屋に同級生を連れていく際には日本流のおもてなしをしていますが、幸いこちらでも通用しています。こまめな気遣いが新鮮なのかもしれません。
 
もし機会があれば、ぜひ積極的に幹事役に挑戦してみるのもありだと思います。違う視点で飲み会を捉えられるのは勉強になりますし、特に営業経験者にとっては、宴会術を存分に活かして仲間に溶け込むチャンスです。僕は営業としては二流でしたが(笑)、それでも営業で得られた宴会スキルにはかなり助けられています。