2015年3月13日金曜日

Japan Trek 出発間近

いよいよ本日よりJapan Trekがスタートします。昨年7月よりずっとアメリカに残っておりましたが、久々に帰国できます。今晩は時差対策も兼ねて(?)、徹夜でたまっている宿題を片付けたりしております。

毎年春休み、当校ではTrekという公式行事が開催されます。在校生がMBA学生を引き連れて1週間強、企業を訪問したり観光したりする研修プログラムです。我らがJapan Trekのほか、イスラエル、南米、インド、モーリシャスなどのTrekに多くの同級生が参加するため、休み期間中、海外各地に同級生が散らばります。Trekによって完全に観光目的のものと、観光+ビジネス目的のものに分かれますが、Japan Trekについては後者に該当します。今年は、東京→大阪→京都→名古屋→箱根→東京というルートを辿ります。

おかげ様で今年は日本人のトレックリーダー4名を含め、100名がJapan Trekに参加します(当校のほかのTrekは最大でも略40名の規模です)。なんとトレックリーダー1人あたり、24名を担当する計算です(昨年Trekを率いた先輩は無理ゲーというより諦めゲーだとコメントしていました)。ちなみにありがたい話、Summer Startの同級生60名超のうち、何と30名がJapan Trekに参加してくれています。しばらくゆっくり話をできていない同級生とのcatch upできることも含めて、楽しみが尽きません。

Trekの準備については、秋学期開始早々、9月から始まりました。正直、当校に入学するまでJapan Trekの準備をなめておりましたが、旅程の策定のほか、訪問する企業様との諸調整、参加者募集&参加費徴収、オプショナルツアー募集、事前説明会やイベントの開催など、準備すべきことが目白押しでした。学業との両立は楽ではありませんでしたが、参加する同級生からの「I'm so excited for the Japan Trek!」という励ましの言葉が励みになりました。長い準備期間を経ていよいよ出発を迎えるということで、何とも不思議な気分です。

総勢100名のグループということで何らかのトラブルは発生する気がしますが、心にゆとりを持ってエンジョイしようと思います(let’s see what happens!)。

写真は先週末のワシントンスクエアパークで、写真では伝わらないのが残念ですが、青空がおそろしく綺麗でした。今週は気温が上がり雪がほとんど溶け、ようやく春の気配を感じるようになりました。